2004年05月01日



この季節になると、五月晴れ、紺碧、薫風、風薫る、
新緑、限りない深い青等という言葉や活字を見たり
聞いたりする機会が多い。
確かに良い気候だし風も匂っている。
花が一斉に咲き緑が芽をふく。

風に色があると誰かが言っていた。
明け方の街の空を見上げると猫の眼の月が出ていた。
しまい忘れの鯉のぼりの矢車がカラカラと鳴って流れている。
腹いっぱいに5月の風をはらんで、やがて初夏をむかえる。

posted by てれすこ親父 at 10:00| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。