2005年06月01日

月も出た 友も来た さあ鮎だ




夏来たるである。
さわやかな風にも似た香りは涼感さえある。


梅雨の宵に月が出た。
ぼんやりと。
いいかげんに。
どうでもいいように。
ボーっとして輪郭などありやしない。
俺の先行きのように…。


老いたのが二人来た。
病の話。薬の話。
やっと酒を飲んでいる。
坊主の話は誰もしない…。

悲しい68歳爺の独り言


posted by てれすこ親父 at 10:00| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。