2008年04月01日

雑記



晩春から初夏にかけての、時候の言葉に
秋と名のつくのが、いくつかある。

竹は、筍を出すと、莫大なエネルギーを消費して、
竹の葉は黄変する。
それを竹の秋と呼ぶ。
一般的に植物は、夏と冬の間、秋に実を結び
地上部は枯れたり黄変したりする。
竹は数年に一度、実をつけて、一生を終える。
麦も初夏に熟す。それを麦秋と呼ぶ。
南半球で、句をつくる人は大変だろう。
十月頃が、初夏で麦秋と呼ぶだろうか?
人間の秋はいつ頃なのか?
私は、冬の終わりに近づいている…。

posted by てれすこ親父 at 10:00| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。