2009年09月01日

夢か幻



 己の生き様を振り返れば、何と×の多い人生だったことか。
始めは○を進んでいたはずなのだが、運や実力に左右され、
結果は×で終わることがしばしばある。

 最近だが、○×に係らない時空を体験した様な記憶が時々蘇る。
それは絵本の一頁か、夢の断片か、現実かは解らない。

 一面の田園地帯に南北に川巾三尺位の一本の小川が流れている。
畦道からヒョイと小川を飛び越えると、二畝(200坪)位の草原が広がり、榎の木の巨木が一本ある。
赤い布を巻いた野仏が一つあり、紅の彼岸花があちこちに咲いて、帽子をかぶり、
虫網を持った子供達が五六人。白い子犬が一匹。
虫がいて蝶もいる。田んぼには水生昆虫やたにしもいる。
小川には、しじみもカラス貝もいる。たなごもメダカも居る。
もう夏休みも疾っくに終ったのに、ここだけは、生き生きとしている。

 近い将来、この風景に遭遇する気がしてならない。現実に。
posted by てれすこ親父 at 17:00| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。