2011年04月01日

春めく



この風には、色がある。
答えのない、色がある。
あいまいで、少し愁いのある陽の光が、色付けをしている。
その陽射しの、おだやかな明るさが、春をつくる。
虫の羽音にのって、微かな芳香は蕾のふくらみが源だ。
自然の当然の営みとして、生き物たちは一斉に何かを探して歩き回る。
ホモサピエンスも、陽が落ちるとハラハラ、ドキドキと落ち着かない。
街に出て、何かを探し回る。
今宵もネオンの海はニギヤカだ。
posted by てれすこ親父 at 00:00| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。