2015年03月02日

昔の風景



一昔前、この頃になると苗代の準備が始まり、水田には水が張られて、オタマジャクシやドジョウが泳ぎまわっていました。
今では、苗は農協が用意してくれるはずです。誰も苗代を作る人が居なくなりました。

一方では、麦の緑、レンゲの赤、菜種の黄色の一面が分けて耕作されていて、その鮮やかなコントラストは額縁の中に記録されれば、後世にも楽しみがあったのに。その面影もありません。
もう誰も麦もレンゲも菜種も、作りたくないでしょう。

私は元々、農業をやっていましたが、早々に止めて今に至っています。

誰にも文句は言えないのです。
あの美しかった風景は、思い出の抽斗にしまっておくことにします。

てれすこ爺
【関連する記事】
posted by てれすこ親父 at 16:55| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧