2016年07月01日

風景



早苗が一尺位まで育って、朝露が風に落とされ、ブロッケン現象によってその姿が消されていく。

先日までオタマジャクシだったが、もう蛙になって、水面から目玉だけ出して俺を見ている。

里山の水田に、とぎれとぎれの篠笛が鳴り、何処かで夏祭りが始まっているであろう。

ずーっと昔、こんな風景を見た。


てれすこ爺
【関連する記事】
posted by てれすこ親父 at 10:35| 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログについて | バックナンバー一覧
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。